2014年06月09日

【本日】閣議決定で「戦争する国」にするな!6・9緊急官邸前行動へ!

【閣議決定で「戦争する国」にするな!6・9緊急官邸前行動へ!】

杉原浩司(秘密保護法を考える市民の会)です。連投すみません。
[転送・転載歓迎]

安倍首相は、集団的自衛権の行使容認の解釈改憲に向けて、何が何でも今
国会中に「閣議決定」を行おうと公明党への圧力を強めています。

どう見ても不可能なはずのことを、まさしく強権的に押し切ろうとするこ
の姿勢は異常極まるものです。これほどの権力の横暴は、私自身生まれて
初めてですし、おそらく戦後初の超暴挙ではないでしょうか。

自民・公明による与党協議は、明日10日(火)から、集団的自衛権の問題
に入ると言われています。閣議決定を強行するための「妥協案」について、
様々な報道が流れています。

今国会閣議決定へ妥協案 「切れ目ない法整備」明記(6月8日、共同通信)
http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014060701002141.html

集団的自衛権、閣議決定文案への明記に意欲 
自民副総裁「集団的の3文字を入れるのは絶対」(6月8日、産経)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140608/stt14060813240003-n1.htm

産経によれば、高村自民党副総裁は「公明党の了解が絶対、今国会中が絶
対」「『集団的』の3文字を入れるのも絶対。これらが成り立つかどうか。
今、不可能を可能にするよう努力している」と言ってのけています。無理
が通れば、憲法が壊れ、戦争がやってくる。恐るべき緊急事態です。

本日9日(月)夕方、首相官邸前での緊急抗議行動に万難を排してご参加
ください。「戦争反対!」「解釈改憲絶対反対!」「勝手に決めるな!」
の声を官邸に響かせましょう! ブレーキの壊れた暴走機関車を止められ
るのは、私たち主権者一人ひとりの行動しかありません。

★閣議決定で「戦争する国」にするな!与党協議を監視する
 6・9緊急官邸前行動

日時:6月9日(月) 18:30〜19:30 
場所:首相官邸前(国会議事堂前駅)
   ※元3等陸曹・レンジャー隊員の方も発言されます。
【Ustream中継:IWJ チャンネル6】
http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6
主催:解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会
http://kyujokowasuna.com/

※6月17日(火)夕方には日比谷野音にて大集会・デモも行われます!

 ---------------------------------------

★公明党議員に対して、叱咤激励のファックスを集中してください。

※短いものでも構いません。一人ひとりの言葉で、思いを込めたメッセー
ジを送ってください。

<国会議員FAX名簿>
http://bit.ly/1n6mdLh ※冒頭に公明党議員リスト

【与党協議の公明党メンバー】
北側一雄(副代表・大阪)=副座長  FAX:03−3508−3533
井上義久(幹事長・比例東北)    FAX:03−3508−3354
上田勇(政調会長代理・神奈川) FAX:03−3508−3234
西田実仁(参議院幹事長・埼玉) FAX:03−6551−1005
遠山清彦(比例九州)=オブザーバー FAX:03−3508−3414 
      
【党代表】
山口那津男(東京) FAX:03−6551−0806
posted by だつげんぱつ at 03:36| 脱原発情報[情報]

「秘密保護法」廃止法案提出実現のために民主党にFAXを!

杉原浩司(秘密法反対ネット/秘密保護法を考える市民の会)です。
[転送・転載歓迎]

安倍政権による集団的自衛権行使に向けた暴走、原子力規制委員会のデタ
ラメ人事案のごり押しなどに加えて、秘密保護法の年内施行に向けた動き
も加速しています。野党第一党である民主党に対して、廃止法案の提出に
加わることを求める緊急の呼びかけをご紹介します。

いろいろ大変ですが、一つひとつ確実に出来ることをやっていきましょう。
ぜひ広めてください。

----------------------------------

【拡散歓迎】

<「秘密保護法」を廃止へ!実行委員会からの呼びかけ>

国会会期末まであと2週間となりました。秘密保護法廃止法案の提出を実
現するために力を尽くしたいと思います。

まだ民主党は廃止法案の提出に消極的です。ただ、国会の監視機関にかか
わる自公の国会法の一部「改正」法案は、明確に国会を内閣、官庁に従属
させようとするものであり、民主党の対案・修正案が否決されたら、民主
党が廃止法案提出に踏みきる可能性があります。

野党第一党の民主を含めた共産党、生活の党、社民党の野党4党、無所属
議員による秘密保護法廃止法案の提出を実現するために、民主党の国会議
員に働きかけましょう。

ぜひ、全国からFAXを送り、廃止法案提出をはたらきかけてください。
なお、FAXを送るときは、できるだけ丁寧に廃止の思いを伝える形でお
願いします。

※FAXリストは実行委員会のHP http://www.himituho.com/ からも
ダウンロードできます。ご活用ください。

 ---------------------------

★民主党は「秘密保護法」廃止法案の今国会提出に加わってください!

<民主党のキーパーソン(党役員、当時の特別委員会委員)にファックス要請を!>

 自民、公明の与党は秘密保護法の年内施行に向けて、秘密の運用をチェ
ックする「監視機関」(秘密会)を設置する国会法改定案を提出し、早期
審議による今国会中の成立を目指しています。しかし、「秘密会」設置は
公開を原則とする国会のあり方を大きく変質させ、委員も議席数に応じた
8人と少数会派の意見を軽視しています。また、政府に対する勧告権はあ
るものの、強制力はなく、追認機関となる恐れがあります。さらに、政府
が特定秘密の適否をチェックするとして内閣府への設置を検討している
「第三者機関」にも、是正を行わせる権限がないことも明らかになってい
ます。

 運用面でのこうした数々の不備が、秘密保護法自体が抱える根本的な危
険性に基づくことは明らかです。秘密保護法の廃止を求める声は確実に広
がっており、廃止を求める署名は約40万名を超えています。また、廃止を
求める地方議会の決議は、4月9日現在、108議会にのぼっています。野党
がなすべきことは、こうした民意を受け止めて、できる限り幅広い枠組み
で廃止法案を提出することではないでしょうか。

 野党第一党である民主党は、秘密保護法の国会審議において、その危険
性を厳しく追及され、政府を追い詰める重要な役割を果たされました。こ
の悪法の廃止に向けた責任と役割も重大です。どうか今国会において、秘
密保護法廃止法案の野党共同提出に加わっていただくようにお願いします。

<要請先> 
※それぞれの言葉でメッセージを届けてください。短いものでも構いません。

【党役員】
代表:海江田万里[東京1区・比例東京](FAX)03−3508−3316
幹事長:大畠章宏[茨城5区]     (FAX)03−3502−5953
政調会長:櫻井充[宮城]       (FAX)03−6551−0512
国対委員長:松原仁[比例東京]    (FAX)03−3580−7336
役員室長:荒井聰[比例北海道]    (FAX)03−3508−3225
最高顧問:野田佳彦[千葉4区]     (FAX)03−3508−3441
 同上 :岡田克也[三重3区]     (FAX)03−3502−5047
 同上 :横路孝弘[比例北海道]   (FAX)03−3508−3946
 同上 :江田五月[岡山]      (FAX)03−6551−1204

【衆議院特別委員(当時)】
大島敦[比例南関東]     (FAX)03−3508−3380
後藤祐一[比例南関東]    (FAX)03−3508−3962
近藤昭一[比例東海]     (FAX)03−3508−3882
近藤洋介[比例東北]     (FAX)03−3508−3985
長島昭久[東京21区] (FAX)03−3508−3309
渡辺周[静岡6区]       (FAX)03−3508−3767

【参議院特別委員(当時)】
芝博一[三重]        (FAX)03−6551−0317
福山哲郎[京都] (FAX)03−6551−0808
大野元裕[埼玉] (FAX)03−6551−0618
神本美恵子[比例] (FAX)03−3508−0010
白眞勲[比例]        (FAX)03−6551−1116
藤田幸久[茨城] (FAX)03−6551−0914

呼びかけ:「秘密保護法」を廃止へ!実行委員会 
http://www.himituho.com/
posted by だつげんぱつ at 00:51| 脱原発情報[情報]