2014年05月28日

【案内】川内原発再稼働阻止院内交渉集会(5月29日14時?)

杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党・脱原発担当)です。
[転送・転載歓迎]

直前のご案内となり恐縮ですが、29日(木)午後に以下の院内交渉集会
を行います。画期的な大飯原発運転差し止め判決が出た直後の政府交
渉となります。ぜひご参加ください。

【参考】こんな動きも=「原子力ムラ」が遂に島崎委員の排除へ

規制委員候補に電力側から報酬 田中教授、50万円超(5月27日、共同)
http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014052701002272.html

原子力規制委 新委員に2人(5月27日、NHK、動画あり)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140527/k10014763621000.html

電力会社側から研究費 最高3270万円 規制委審査会6人
(5月23日、東京)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014052302000103.html

---------------------------------------

川内原発再稼働阻止院内交渉集会 
〜規制委の姿勢と川内原発の再稼働審査を問う〜
http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/archives/5594

日時:2014年5月29日(木) 14時〜17時

場所:参議院議員会館 B108会議室(永田町駅)

スケジュール
 14時          集合(議員会館ロビーで通行証を渡します)
 14時15分〜15時   事前説明会
 15時〜16時半    規制庁交渉
 16時半〜17時    総括集会

内容
 ・原子力規制委員会の新規制基準と審査について
 ・川内原発審査の地震評価について
 ・川内原発審査の火山評価について
 ・川内原発審査の地質評価について
 ・川内原発の避難計画について

紹介議員:参議院 福島みずほ議員

主催:再稼働阻止全国ネットワーク
問合せ メール info@saikadososhinet.sakura.ne.jp
http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/
TEL 070-6650-5549 FAX 03-3238-0797
(再稼働阻止全国ネットワーク宛と明記)
(東京都千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル5F たんぽぽ舎気付け)

◆私たち「再稼働阻止全国ネットワーク」は、新規制基準の施行日以来、
連続的にのべ9回原子力規制委員会への抗議行動を実施してきましたが、
規制委は、12サイト18基の審査を110回以上も続け、3月13日に
は先行原発の評価成績表を出し、川内原発の「審査書案」作成に着手して
います。更に5月21日には高浜原発の優先審査まで方向付けしました。
 イチエフ事故を踏まえていない新規制基準、地震対策も火山噴火対策も
プラント評価も全く不十分なまま、また避難対策も住民理解も得られない
まま、です。また、福島第一原発の放射能汚染水対策も廃炉への道も見え
ず、21日にはALPSが全系統停止となり、イチエフを全くコントロールでき
ていないまま、です。原子力規制委員会の川内原発再稼働承認は認められ
ません。

◆私達は、5月14日に、再稼働促進組織・原子力規制委員会を糾弾するた
めに、原子力規制委員会(六本木一丁目)のみならず全国の現地原子力規
制事務所にも各地の仲間が申入れをする全国一斉抗議行動を実施しました。
ところが、総計14の原子力規制事務所への申入れに対して、規制委は未
だに何ら回答していません。

◆そこで、昨年の6月、本年の1月に引き続き、国会院内に規制委を呼び、
私達の不安と怒りを伝え、規制委・規制庁の考えを知る院内交渉集会を開
催します。今回は、再稼働審査に邁進する規制委の姿勢を問うとともに、
特に川内原発について地震評価、火山評価、住民避難に的を絞って質問し
回答を得ます。

◆なお、当日は、向原祥隆さん(反原発四国ネット)、広瀬隆さん、山崎
久隆さん(たんぽぽ舎)も参加されます。21日の福井地裁による大飯原
発の運転差し止め命令の素晴らしい判決をてこに、規制委・規制庁を追求
しましょう。是非ご参集願います。
posted by だつげんぱつ at 01:40| 脱原発情報[情報]