2012年09月15日

【参加を!】9・16 「原子力ムラの責任を問う」シンポジウム(田原牧さん、石丸小四郎さん)

杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党 Greens Japan)です。
「原子力規制委員会」のムチャクチャ人事案の任命強行、「2030
年代」ゼロ、核燃料サイクル政策の維持等の新エネルギー戦略
の方針決定、大間・島根原発の建設継続の表明など「原子力ムラ」
とのせめぎ合いが続いています。私たちは現状をどうとらえ、何を
すべきなのか、じっくり討論したいと思います。ぜひご参加ください。
Ustream中継(IWJ)も行われます。[転送・転載歓迎]

---------------------------------------

【拡散歓迎!!】

★ツイッター用(ご参考まで)
【拡散希望】9月16日(日)★原子力ムラの責任を問うシン
ポジウム:田原牧/東京新聞特報部、石丸小四郎/双葉地
方原発反対同盟、18:15〜、文京区民センター3A(春日駅、
後楽園駅)、http://2011shinsai.info/node/2670 中継
http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

    原子力ムラの責任を問う
【9.16シンポジウム】
    http://2011shinsai.info/node/2670

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【Ustream中継:IWJチャンネル5】
http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 放射能たれ流しの福島原発事故を収束させる見通しがつかな
い状況下で野田政権は、原発再稼働の動きを開始し、〈原子力ム
ラ〉のメンバーを中心においた「原子力規制委員会」の人事を強行
しようとしています。委員長候補の田中俊一氏は日本原子力研究
開発機構副理事長時代に「もんじゅ」を推進し、原子力委員長代理
として、福島原発事故をうみだした原子力行政の主役の一人といえ
る人物です。事故の責任を取らずに、あらためて原子力行政の中
心にいすわろうという、こんな無責任人事を私たちは許すわけには
いきません。そしてムラ(原発利権)関係者の委員候補は、彼だけ
ではないのです。

 〈原子力ムラから選ぶな〉の声を、私たちは、さらに大きなものに
していかなければならないとの思いから、9・11経産省包囲アクショ
ンと9・16シンポジウムの準備に向かいました。もちろん私たちは、
つくられようとしている「規制委員会」自体が原発推進のための機
構にすぎないことを忘れているわけではありません。私たちに本当
に必要なのは「廃炉」のための委員会です。「廃炉」へ向かうステッ
プとして「規制委員会」の無責任人事を徹底的に批判しぬく必要が
あるのです。

 9・16シンポジウムへの、一人でも多くの参加を呼びかけます。

■======================
9・16シンポジウム「原子力ムラの責任を問う」 
======================■

【発 言】 ●田原 牧さん (東京新聞特報部記者)
      ●石丸小四郎さん(双葉地方原発反対同盟代表)

◆日時:9月16日(日)18:00開場 18:15開始 21:00終了

◆場所:文京区民センター会議室3A
 http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754
 都営三田線・大江戸線「春日駅A2出口」徒歩2分、
 東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅4b出口」徒歩5分、
 東京メトロ南北線「後楽園駅6番出口」徒歩5分、
 JR水道橋駅東口徒歩15分

◆資料代:500円

【Ustream中継:IWJチャンネル5】
http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

【主催】再稼働反対!全国アクション
[連絡先]
  (FAX)03-6424-5749
  (E-mail)contact@2011shinsai.info
[当日連絡先] 090-6146-8042(海棠)・090-4662-0430(ちば)

[発言者プロフィール]

★田原 牧(たはら まき)
新聞記者。1987年、中日新聞社入社。社会部を経て、その後カイロ
支局に勤務。現在、東京本社(東京新聞)特別報道部デスク。同志
社大学・一神教学際研究センター共同研究員。『季刊アラブ』編集
委員。著書に『ほっとけよ。─自己決定が世界を変える』(ユビキタ・
スタジオ、2006年)、『中東民衆革命の真実 ーエジプト現地レポート』
(集英社新書、2011年)など。

★石丸小四郎(いしまる こしろう)
福島原発告訴団副代表。「原発は、放射能による環境汚染や労働
者被曝による健康被害を不可避なものにする」という認識から、1972
年に結成された双葉地方原発反対同盟に参加。40年にわたり福島
原発反対運動に取り組み、原発労働者の被曝問題で作業者の支援
なども行う。2011年「多田謡子反権力人権賞」受賞。
posted by だつげんぱつ at 23:19| 脱原発情報[情報]