2021年09月13日

動画「福島第一からの汚染水海洋放出への反対メッセージ」

星川まり(東京・社会運動部)です。


事務局宛に以下のお知らせが届きました。


海の生き物の食物連鎖・生態濃縮に言及、「薄めればだいじょうぶ」ではないことがわかります。


おおすすめ動画・拡散してください。


 


 


グリーンジャパンの皆様

重複ご容赦下さい。

フランスで反原発運動を行っているNPO、よそものネット・フランスです。


私共は他の反原発グループと共に、よそものセカイとしても活動しておりますが、今年4月の福島第一から汚染水を海洋放出すると言う日本政府の決定を受け、海外からの反対メッセージをシリーズで収録しYouTube公開をしていく企画を立てました。


その第一弾として、米国のNGO Beyond Nuclearのケヴィン・キャンプスさんのメッセージをお届けします。


日本語、フランス語、英語の字幕付きリンクを下記にお知らせします。

視聴、拡散して頂けると幸甚です。


汚染水の海洋放出決定を覆す事を切に願いつつ。


辻 俊子

よそものネット・フランス

http://yosomononet.blog.fc2.com/


*****


米国NGO Beyond Nuclear、ケヴィン・キャンプスさんからのメッセージ


https://www.youtube.com/watch?v=OX1gVUK8Xuw 日本語


https://youtu.be/J7l-HYoeRQQ フランス語


Save our oceans. Don't dump radioactive water! Video Message No.1
<https://www.youtube.com/watch?v=mcq32rKlA6Y>

Save our oceans. Don't dump radioactive water! Video Message No.1

<https://www.youtube.com/watch?v=mcq32rKlA6Y>
[image: Lire]


英語

添付ファイル エリア
YouTube 動画 汚染水の海洋放出反対メッセージ 放射性廃棄物の専門家 ケヴィン・キャンプス氏 をプレビュー
汚染水の海洋放出反対メッセージ 放射性廃棄物の専門家 ケヴィン・キャンプス氏
<https://www.youtube.com/watch?v=OX1gVUK8Xuw&authuser;=3>YouTube 動画 Sauvons
les océans Aucun rejet d'eau radioactive! Message vidéo No.1, Kevin Kamps,
USA をプレビュー
Sauvons les océans Aucun rejet d'eau radioactive! Message vidéo No.1, Kevin
Kamps, USA
<https://www.youtube.com/watch?v=J7l-HYoeRQQ&authuser;=3>YouTube 動画 Save our
oceans. Don't dump radioactive water! Video Message No.1 をプレビュー
Save our oceans. Don't dump radioactive water! Video Message No.1
<https://www.youtube.com/watch?v=mcq32rKlA6Y&authuser;=3>

posted by だつげんぱつ at 15:03| 脱原発情報[情報]

2021年09月10日

2022年度防衛予算概算要求を斬る!9.12分析会&9.21防衛省行動へ

2022年度防衛予算概算要求を斬る!9.12分析会&9.21防衛省行動へ
https://kosugihara.exblog.jp/241192460/

東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

8月31日に公表された防衛省の2022年度予算概算要求はざっと見ただけでも、
以下のように問題点だらけです。

9月12日に分析会を行い、分野ごとに詳しく検証します。21日は防衛省行動も。
コロナ禍ですので、ご無理のないようにご参加ください。

・総額5兆4797億円。米軍再編・SACO(沖縄に関する日米特別行動委員会)経
費やF15戦闘機改修は金額を示さぬ「事項要求」で、総額はさらに膨らむ恐れ。
・兵器ローンである「新規後年度負担」は2兆7963億円で過去最大を更新。
・F35A8機(779億円)、F35B4機(521億円)で前年度から倍増。F2に代わる
次期戦闘機開発費も1047億円と倍増。電子戦機開発に185億円。
・研究開発費は21年度当初比で1141億円増の3257億円に。
・長射程化する12式地対艦誘導弾の艦艇・航空機への搭載に向け379億円。
・「イージスシステム搭載艦」建造費の計上は断念も、ロッキード・マーチ
ン製レーダーの「洋上仕様変更」費58億円を計上。
・22年度末に石垣島に陸上自衛隊「石垣駐屯地」(仮)を開設し、約570人の
警備部隊や地対艦ミサイル部隊などを置くための整備費に110億円。
・うるま市の勝連分屯地に地対艦ミサイルを配備、南西諸島4カ所の地対艦ミ
サイル部隊をまとめる「連隊本部」も置く。車両整備場などの整備費に21億円。
・奄美大島の瀬戸内駐屯地と宮古島の保良訓練場、石垣島の火薬庫整備に計63
億円。

<参考>
2022年度概算要求の概要
https://www.mod.go.jp/j/yosan/yosan_gaiyo/2022/yosan_20210831.pdf

各紙報道
https://www.tokyo-np.co.jp/article/128079
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik21/2021-09-01/2021090101_01_0.html
https://www.asahi.com/articles/ASP9124YFP80UTFK009.html
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1385342.html

-------------------------------

◆2022年度防衛予算概算要求を斬る!9.12分析会

9月12日(日) 
13時30分開始 (13時15分 開場) 

スペースたんぽぽ
※JR水道橋駅西口より徒歩5分
(千代田区三崎町3-1-1 高橋セーフビル1階、03-3238-9035)
アクセス https://bit.ly/3E8t4NW

資料代:500円

「2022年度概算要求の全体像」「陸上自衛隊は何を要求しているか」
吉沢弘志(パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会)

「海上自衛隊は何を要求しているか」
木元茂夫(すべての基地にNOを!ファイト神奈川)

「航空自衛隊は何を要求しているか」
大西一平(立川自衛隊監視テント村)

「宇宙・サイバー・電磁波領域の軍拡」
池田五律(有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会)

 中国脅威論を口実として、台湾海峡有事を想定した日米安保強化が進められ
ている中、9月から11月にかけ南西諸島で陸上自衛隊の総力あげての軍事演習
が行われます。その演習には、海上自衛隊、航空自衛隊、米軍、さらには豪印、
NATO諸国の軍も参加するおそれがあります。
 こうした動きがもたらすのは、今まで以上の東アジアの緊張激化と、それを
理由としたさらなる防衛予算や「思いやり予算」の増額です。この軍拡の連鎖
を止めるために、2022年度防衛予算の批判的検証を行い、防衛省に対する抗議
の申し入れ行動を行います。ぜひ、ご参加ください。


◆大軍拡予算を許すな!
南西諸島大軍事演習反対!
9.21防衛省申し入れ行動

9月21日(火)
18時30分 防衛省前集合

[ともに]
【主催】大軍拡と基地強化にNO!アクション2021

<8月27日発表の声明はこちら>
「邦人退避」を理由とした自衛隊のアフガニスタンへの派兵に抗議する
https://kosugihara.exblog.jp/241187732/

<呼びかけ団体&連絡先>
有事立法・治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会 
 北部労働者法律センター気付 TEL・FAX 03-3961-0212
立川自衛隊監視テント村 TEL・FAX 042-525-9036
パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会
 TEL 090-3509-8732 FAX 047-456-5780
武器取引反対ネットワーク
 メール anti.arms.export@gmail.com
 TEL 090-6185-4407(杉原)
 ツイッター https://twitter.com/AntiArmsNAJAT
 Facebookページ https://www.facebook.com/AntiArmsNAJAT/
posted by だつげんぱつ at 23:33| 脱原発情報[情報]

2021年09月09日

【報告】オリパラの終わりの始まり?パラリンピック閉会式への抗議アクション

東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

やや遅れましたが、5日のパラリンピック閉会式抗議アクションの報告をまと
めました。ブログに掲載した多数の写真も含めて、ぜひご覧ください。

---------------------------------------------

【報告】オリパラの終わりの始まり〜パラリンピック閉会式への抗議アクション
https://kosugihara.exblog.jp/241189380/ ←写真多数!

感染爆発という大惨事までもたらした「差別と排除と利権と暴力の祭典」オリ
パラも9月5日で最終日。

オリパラ強行に抗議し廃止を要求するリレーが、原宿駅前から新国立競技場に
近い千駄ヶ谷駅前に向けて企画されました。集まった参加者の背後には、3倍
ほどの数の警官・公安がたむろしていました。

出発前に各ランナーがスピーチ。

「オリパラが押し付ける感動なんていらない」「オリパラのない社会で生きた
い」とキッパリ。

日が短くなり、すぐに薄暗くなりました。蒸し暑さも消え、肌寒いくらいです。

ランナーが怒りの炎(ペンライトですが)に点火して、いよいよ出発へ。

ところが、動き出したところで、警察がデコレーションの"死神"を指して、
「背が高く危ない。降ろせ」と嫌がらせ。いつもながら、勝手に参加者の撮影
も。

パラリンピック開会式への抗議の際、複数の怪我人と一人の不当逮捕者を出す
暴力を振るっておきながら、まったくふざけたやり口です。強く抗議し交渉し
た後、やっと出発。

反五輪トーチをつなぐリレーは、原宿の繁華街を、「速さを競う」のでなく、
だらだらと進みました。後ろを不要な大量の警官・公安がつきまといながら、
ぞろぞろとついて来ました。

一方、千駄ヶ谷駅前では、先んじて「オリパラ廃止式」を準備する有志が集ま
り、作業を始めようとしていました。周囲には、300人規模の大量の警官が配備。

突然、警官の一団が意味不明な弾圧を開始。広い駅前スペースの片隅にいるだ
けの少数の仲間に襲いかかり、手足や体を持ち上げて暴力的な強制排除を始め
ました。両手両足を持たれて運ばれる人も。

これに対して、座りこみやダイ・イン、コールなどで果敢に対抗。排除されて
もまた戻り、結局、強制排除はあえなく失敗。抗議の場所を守り抜きました。

警察に向けて、新国立競技場に向けて、コールが炸裂。

No Olympics Anywhere!
No Paralympics Anywhere!

オリパラが奪ったものを忘れないぞ!
公園を返せ!
都営住宅を返せ!
住まいを返せ!
切り捨てた被災者に謝れ!
いのちを返せ!

原宿駅からゆっくりとリレーで引き継がれてきた反五輪トーチが、千駄ヶ谷駅
前に到着。コールにさらに熱がこもりました。

オリンピックやめろ!
パラリンピックやめろ!
警察帰れ!
暴力振るうな!
体にさわるな!
東京で終わり!
廃止だ廃止!
オリパラ廃止!

20時になり、閉会式が強行。新国立競技場に打ち上がる花火をにらんで抗議し
た後、いよいよ「オリパラ廃止式」が挙行されました。司会はオリパラで排除
された「野宿の小屋」。

小池、菅、バッハ、コーツ、パーソンズ、森などに加え、ミライトワ、ソメイ
ティまで、この大惨事を引き起こした悪役たちが登場し、ブーイングを浴びま
した。実物たちはどうしようもないけれど、演じた皆さんのスピーチは味わい
深いものでした。この後、盆踊りやダンスなども。

抗議終了後も警察の不当な弾圧は続き、帰路につくことも妨害されたそうです。

本来、オリパラ強行に抗議し廃止を求める声は、まるで条件反射のような、人
間として当たり前の異議申し立てだと思います。それを、警察という”官製暴
力団”をもって封じ込めようとすることのどこに「多様性と調和」があるので
しょうか。

コロナが悪化しても自宅放置され苦しんでいる隣人を無視して、テレビのオリ
パラに「感動」できる人は多くはないと信じたいです。まして、オリパラこそ
が感染爆発の要因になっている時に。

倦むことなく続けられてきた、そしてこれからも続くオリパラ廃止運動こそ、
命より利権が優先される社会の暗闇を照らす、かけがえのない良心の光だと確
信します。

<報道>
2021.09.05 オリパラ反対抗議リレー&パラリンピック閉会式への抗議アクション
(撮影 KENさん)
https://www.youtube.com/watch?v=1_h-n-_l8zE

【パラ閉会式】
反対派が競技場周辺で抗議活動 警察ともみ合う場面も全世界へ“配信”
(9月5日、東スポ)
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/3601801/
※「開閉会式でも騒ぎになったことから、多くの警察官が配備された」のでなく、
不要な大量の警官による抗議者への暴力が「騒ぎ」の原因ですが。

「オリパラ廃止式」抗議活動 警察官約300人配備、人間バリケード
(9月5日、日刊スポーツ)
https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/paralympic/news/202109050001163.html
※「反対活動を警察官が囲い込み、一般通行人の導線を確保した」とあります
が、元々導線は十分に確保されていました。大量の警官が抗議に暴力的に介入
して、無用な混乱を招いたに過ぎません。

パラ閉会式 国立最寄り駅では反対デモ 会場周辺は密で花火に拍手
(9月5日、デイリースポーツ)
https://news.yahoo.co.jp/articles/4643d0c687826cb9b67e85c86f6a28eddad9697f?tokyo2020

※スポーツ紙は扱ったものの一部表現が不当、一般紙・テレビはほぼ黙殺でした。

IOCバッハ会長、東京五輪は「安全だった。感染が広がったと示すものは何一つない」と総括
(9月9日、共同)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/129839
※根拠は「東京だけでなく、日本全国で感染者数が増加した」ことだと。。。

「ヒュブリス」だった東京五輪が日本に残す教訓
(9月8日、西村カリン、NEWSWEEK日本版)
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/09/post-97060.php
posted by だつげんぱつ at 23:24| 脱原発情報[情報]